ハイヤーで特別な一日を

ハイヤーと聞くと自宅まで車で迎えに来てもらい、目的地に運んでもらうというラグジュアリーな感じのある移動手段というイメージがあります。料金は、タクシーと比べると費用が多くかかることが多いです。ハイヤーは運転手がドアの開閉をしてくれ、お客さんは自分でドアを開け閉めすることはありません。タクシーは駅前などで空車状態になっている車を拾って、目的地まで運転してもらうのに対し、ハイヤーは完全予約制で営業所からお客さんのもとに向かいます。ハイヤーは、営業所から出発して戻るまでの時間での料金設定ですので、タクシーのようにメーターなどもついていません。役員や議員、有名人などの所得が高かったり、特別な地位や役職についていて気軽に公共交通機関を使うことができない人が使う乗り物という印象も強くありますが、一般的な人も利用することはできます。

例えば、観光地を旅行したいと思ったとき、移動手段としてハイヤーを使用したほうが、乗り換え時間などを気にせず気軽に観光することができます。特に東京や京都など人が多く、公共交通機関も複雑に入り組んでいる場合には、荷物をもって目的地までたどり着くのは大変だったり、長時間歩くことが難しい人もいると思います。ハイヤーを使用すれば、移動中もプライベート空間が確保されて好きなように過ごせる上、目的地までの移動も快適で効率よく過ごせるでしょう。

運転手は接客や運転技術について研修を受けたプロなので、安心で快適な車内空間を楽しめます。ハイヤーの運転手は、外国から来た人も接客することがあることから、日本語だけでなく英語で接客してくれるため、外国から来たお客さんをおもてなししたいと思ったらおすすめです。公共交通機関で移動するよりもハイヤーを使えば、ゆったりとした移動が可能になりますし、言語の面で不自由な思いをするということもありません。ドライバーによる母国語での観光案内があれば、通訳を別に依頼する必要がなくなります。移動と観光、通訳とさまざまな業務をスムーズにこなしてくれるでしょう

車内環境は、飲み物やお菓子を提供している以外にもWi-Fiが利用できたりもしますし、リクエスト次第ではサプライズサービスや運転手が車窓案内をしてくれます。ハイヤーを利用したプロポーズプラン、デートプランにも最適です。ハイヤーで予約できる車はセダンはもちろん、ミニバンにすることもできます。国産車だけでなく外国車のセダンもあります。サプライズで外国車の高級セダンが自宅までお迎えに来るというのだけでもインパクトがありますし、特別感を感じられるでしょう。