ハイヤー利用のお勧め点

一般の人がハイヤーに乗る機会というのは、あまり多くはないでしょう。会社の社長や役員、海外からの来賓などの場合にハイヤーが利用されているのを見かける機会はあるかと思います。一般的にはタクシーを使う人が多いので、タクシーとの違いとは何かよくわからない部分ではないでしょうか。

タクシーは基本的に予約制ではありません。ターミナル駅などで待機車を利用します。最近では乗車アプリを使って近隣を巡回しているタクシーを見つけて呼び、乗車することもできます。タクシーの最も顕著な特徴は、乗りたくなった時に探せばいいという点でしょう。そのため、大変利便性に優れています。いつでも乗れるタクシーに引き換え、ハイヤーは予約制のためあらかじめ決められた時間に決められた場所へ来てもらい利用します。自分のために用意された車という特別感が得られるでしょう。待たされる事はなく、必ず約束の時間よりも早くついて待機していてくれます。社長や来賓といった分刻みのタイムスケジュールで動いているような、エグゼクティブな人でも利用しやすいものになっています。

ハイヤーのドライバーになるためには、勤続年数や英会話などの特別教育が課されたり、厳しい試験に合格する必要があったりします。一般の方も利用できますがVIPも乗車する機会も多く、よりクオリティの高いおもてなしを求められるためです。タクシーの場合も研修はありますが、流し営業が主なのでハイヤーほど厳しくないことが多いです。

このように使う人の層が違っていたり、ドライバーになるための条件が違っていたり、比較してみると異なる点が多いです。近年では、ハイヤーを個人利用として一般的な家庭の人が使う機会も増えてきています。ハイヤーのサービスの質の高さに感動して、多少割高でも特別な機会にはハイヤーを使いたいという人が増えてきているためです。記念日や特別な日に思い切って利用すれば忘れられない思い出ができるでしょう。

たとえば、夫婦の結婚記念日の利用です。思い出の街をドライブしたいと思ったときに、自分でドライブするのではお酒も飲めませんし、運転に集中する必要があります。しかし、ハイヤーであれば、高級な黒塗りの車で、専属のドライバーが運転してくれますし、事前に相談することでさまざまな演出をすることも出来ます。ほかにも、ゆったりとした観光にもおすすめですし、七五三や成人式などの晴れの日の利用にも最適です。